On Saturday, 15th of September 2018 we plan to hold the 2nd Sustainable University Development Workshop with Focus on Energy Efficiency (SUDee2018).

  • Program details and registration information will be shared via this mailing list and the SUD blog (https://sudworkshops.wordpress.com/) in the near future. Registration will be free of charge for workshop sessions.
  • Jointly organized by: Eckhard Hitzer (ICU), Mark Langager (ICU), Nobyuki Miyazaki (ICU), Takashi Kibe (ICU), Goro-Christoph Kimura (Sophia University), Yurika Ayukawa (Chiba University of Commerce Energy Inc.), Momoko Mogi (Tokyo Kasei University), Masanori Shukuya (Tokyo City University), Joerg Raupach-Sumiya (Ritsumeikan University), Ayano Takeuchi (Toho University).
  • Funding: Japan ICU Foundation (NY).

 

2018年9月15日(土)、第2回持続可能な大学の発展ワークショップ〜大学におけるエネルギー効率化〜を開催する予定です。

  • 開催場所:国際基督教大学(東京都三鷹市)
  • アクセス: https://www.icu.ac.jp/ja/about/access/
  • 会場:東ヶ崎潔記念ダイアログハウス2F国際会議室
  • 言語:同時通訳(英語/日本語)
  • 基調講演:ヴォルフガング・フェイスト教授、インスブルク大学省エネ建物ユニット、パッシブ・ハウス研究所創設者、「エネルギー効率のグローバル化 – 未来の持続可能なエネルギー建築に対してパッシブ・ハウス基準が貢献どのように貢献できるのか?」(仮題)
  • プログラムの詳細と事前登録に関する情報は、メーリングリストとSUDのブログ(https://sudworkshops.wordpress.com/)にて提供させていただきます。ワークショップセッションの参加費は無料です。
  •  Eckhard Hitzer(ICU)、宮崎信行(ICU)、喜界崇(ICU)、Goro-Christoph Kimura(上智大学)、鮎川ゆりか(千葉商科大学エネルギー)、茂木もも子(東京都立大)、Joerg Raupach-Sumiya(立命館大学)、竹内彩乃(東邦大学)
  • 財源:日本ICU財団(ニューヨーク)